気になる! 抜け毛予防その2

サワディーカップ!
ブレズ薬局です。

前回は「守りのAGA治療薬」をご紹介しましたが、今回は「攻めのお薬」をご紹介します。


 

育毛を促進する「攻め系」の薬

「攻め系」の特徴

攻め系の薬には、頭皮の血行を促進し、髪の肥料ともいえる成長因子の分泌を促す事で、
髪を長く太く育てる
効果期待できるため、服用を続けると頭髪のボリュームもアップ!
薄毛部分に直接塗布できるミノキシジル外用薬ございます。
ミノキシジルは外用薬以外に内服薬という選択肢あります。
経口摂取の方が吸収率が高いため、発毛効果をより実感することができます。

【育毛促進・攻めの薬】
外用薬のNUHAIR5NUHAIR3
内服薬のNoxidil ノキシジル ミノキシジルタブレット5mg
10mg
Noxidil ノキシジル フォルテが取り扱いございます。

ミノキシジルは、もともとは高血圧の薬として開発されましたが、多毛の副作用が発覚したため、薄毛治療薬として再開発されました。
ミノキシジルは内服薬と外用薬の2種類があり、ミノキシジルタブレット(錠剤タイプ)がございます。外用薬に比べて、内服薬の方が体内への吸収率が高く、より高い発毛効果が期待できます。

ミノキシジル

ミノキシジルの効果が出るまでの期間

ミノキシジルの効果が出るまでは使用開始から6カ月ほどです。早い方では3カ月ほどで効果が出る方もおり、個人差がございます。
早い段階で効果が出ないと服用をすぐやめずに、最低でも
6
カ月間は続けてみましょう。

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用には以下のような症状が見られます。

・初期脱毛
・動悸・息切れ
・むくみ、体重の増加
・頭痛、めまい
・肝機能障害
・全身の体毛の増加

 

「攻めと守りの併用」

ここまで「守り」と「攻め」のAGA治療薬を紹介してきましたが、「守りの薬」のみでは毛は生えてこないので、「攻めの薬」と
合わせてお使い頂くのが効果的でございます。
先の通り、ミノキシジルは発毛を促進する「攻めの薬」であり、フィナステリドやデュタステリドは抜け毛を減らす「守りの薬」。
NUHAIR5
Firide」や「NoxidillAvodart」の様に、それぞれの特性を生かして攻めと守りの薬を併用してAGA治療を行うが効果的な方法です。
また 髪に必要な栄養素「亜鉛」、「ビオチン」などのをとサプリメントで補給することで、さらに効果が期待できます!
薄毛でお悩みの方は迷わず是非お試しください。

上記で紹介したお薬のお問い合わせはLINEからどうぞ!
お薬のデリバリー対応も対応しております。

LINE日本人用アカウント

 

 



次の記事

精力剤のG7生産再開!